プリンタックの品質評価

プリンタックが開発されるまでに行った、様々な品質チェック。それらをまとめた評価シートです。
プリンタックは、水中での耐水性や加熱した際の耐熱性、薬品への耐抗性など、様々な品質チェックの末に、誕生した商品です。
以下の表は、プリンタックが誕生するまでに行った品質チェックとその結果です。
これらをご覧いただければ、プリンタックがどれほど優れた性質を持っているかを、ご理解いただけることでしょう。

プリンタック品質評価シート

一般耐久性

テスト項目 テスト結果 テスト条件
耐水性 異常なし 25℃の水中でも3週間浸漬(SUS)
耐温水性 異常なし 40℃×2週間(SUS、ABS、PVC、アクリル板)
対湿性 異常なし 50℃×95%RH以上 10日間(同上)
寒熱サイクル 異常なし -30℃×2H←→80℃×2Hで10サイクル(SUS)
凍融サイクル 異常なし 水中凍結-20℃×2H←→常温水中×2H
10サイクル後(PS、ABS、PP、SUS)
耐汚染性 マジックインキ 異常なし 油性:赤、黒、青 24H後エタノール拭き
口紅、毛染液 異常なし 資生堂
醤油、ソース 異常なし キッコーマン
ケチャップ 異常なし カゴメ
耐薬品性 1/10N苛性ソーダ 異常なし 常温×10日浸漬(ABS)
1/10N硫酸 異常なし 常温×10日浸漬
1/10N塩酸 異常なし 同上
耐溶剤性 白灯油、ガソリン 異常なし ラビング100回(ガーゼ)
トルエン 異常なし 同上
アセトン 異常なし 同上
酢酸エチル 異常なし 同上
メタノール 異常なし 同上
エタノール 異常なし 同上
溶剤浸漬 ガソリン 異常なし 72時間浸漬
エンジンオイル 異常なし 同上
ブレーキオイル 異常なし 同上
二次接着力
(g/25mm巾)
耐水性 促進耐候性 耐水性 40℃×2日間浸漬
ステンレス板 2,100 2,050 促進耐候性 SUN.ウエザーメーター200H後
ABS板 1,600 1,700
PP 1,550 1,600

転写後のクリア塗装テスト

クリアコート名 テスト結果 テスト条件
フクレ・シワ他 変色(ΔE) 常温×1日乾燥後
アクリルラッカー 異常なし -0.5  
アクリルウレタン 異常なし 0.3 80℃×30分→1日放置後
アクリル/メラミン 異常なし -0.3 150℃×30分→1日放置後
ヤシ油アルキッド/メラミン 異常なし 1.2 150℃×30分→1日放置後

テスト条件:SUS304に貼付1時間後、スプレー塗装仕上げ、プリンタック表面は2液アクリルウレタンインキ仕上げ

促進耐光性

(1)フェードメーターによる耐光性
テスト時間(Hrs) 光沢保持率(パーセント) 黄変率(ΔE)
120 102 0.8
200 98 1.1
500 96 1.2

テスト条件:被写体:Hi-ポリスチレン、白色仕上げ、トップクリアなし

(2)印刷色と促進耐候性(サンシャインウエザーメーター)
Color Top Coat 200時間 1,000時間 2,000時間
A 96.3 96.2 91.4
(クロムバー/アゾレッド) B 93.7 94.6 73.1
A 96.6 94.1 91
(シアニンブルー) B 93 93.8 72.5
A 95.8 96.3 88
(クロムイエロー) B 96.1 96.5 73.9
A 96.8 98.5 87.5
(カーボンブラック) B 93 95.5 77.9
A 93.5 96.4 88.4
(R-酸化チタン) B 93.9 96.4 79.4

(注) A:2液アクリルウレタン   B:耐擦傷アクリル

テスト条件:被写体:Hi-ポリスチレン、光沢保持率にて表示

プリンタックの用途別対応

一般グレード 一般用、販促、店舗ディスプレイ
高耐候性用 インキの顔料、使用樹脂などを厳選
一般トップクリア用 ラッカー、二液ウレタンなど100℃以下の加熱乾燥用に相ハギ性考慮
高温焼き付け用 100℃以上の焼き付け温度のクリア塗装用(メラミン焼き付け、粉体塗装)
肉持仕上げ用 一般グレード(膜厚30~60µ)以上の高膜厚化品(50~200µ位)
特注グレード ツヤ消し、透明インク、その他

このようなアイデアの種、是非お聞かせ下さい。

私達は印刷素材を選びません!水と空気以外は、何にでも印刷出来ると言われるスクリーン印刷技術が得意なんです!企画デザインから、データ処理、製版、印刷、断裁、保護貼り、抜加工、粘接着加工、パッケージ、帳合、内職、代行発送、等、あらゆる工程をお任せ下さい!

お問い合わせ&無料お見積もり

PAGE TOP