知恵と設備と人にこだわれば、何かが生まれる

当社が生み出す、様々な特徴を持った印刷物。その裏には最新鋭の印刷設備の存在があります。小ロットや複雑な注文体系に対しても対応できるよう、最新鋭の印刷設備を取り揃えています。

プリントテクニカの高度な印刷技術を支えるのが、これら最新鋭の印刷設備です。スクリーン印刷における独自の技術を確立するため、設備の充実と拡充を図ってまいりました。
常温乾燥・焼き付け・UV硬化・粘着糊面へのシリンダー式印刷など、高度な印刷技術と充実した設備によって、付加価値の高い商品をご提供いたします。

設備等の紹介

製版設備

フィルム製版設備一式(フィルム出力設備600ミリ)

・Macintosh 4台
・イメージセッター 1台(大日本スクリーン ジェナセット5055F)

データを転送すれば、すぐに製版することができます。非常にスピーディーな印刷が可能になりました。

design01

全自動現像機

全自動現像機です。

製版設備

コーティングマシン

コーティングマシンです。

製版設備

自動焼付け機

自動焼付け機です。

製版設備

ミノスクリーンプロセッサー

印刷機に設置する版を製作する工程に利用します。

スクリーン印刷版を現像(洗い)⇒予備乾燥までを全自動で仕上げる事ができます。

手作業より省力化と生産性の向上・使用水量の削減が可能です。

製版設備

中量STラック

スクリーン印刷用の版を保管する架台として利用します。

フレームラックUの様な版保管専用台と異なり、一般的な中量ラックであり多量の版の保管に便利で、この部屋に数十台を連結する事で、約3,700版の保管庫として利用しています。

製版設備

製版用水洗ブース

スクリーン印刷の製版作業には水洗ブースが不可欠です。

本機は自社設計でSUS+アクリル板の利用で、使い勝手と耐久性を重視しています。

製版設備

印刷設備

半自動印刷機

半自動印刷機です。

genba02

全自動印刷機

全自動印刷機です。

印刷設備

ロールスクリーン機

ロールスクリーン機です。

印刷設備

ロール式スクリーン印刷機

㈱志岐製の機器でありロール状シートへの連続印刷が可能で、生産性に優れ、印刷業界での設置台数も少ない期待の導入機器です。

◆ 印刷面積:250×300mm
◆ シート巾:320mm

印刷設備

IR+UV乾燥コンベアライン

フィルムや紙に印刷後、UVや温風によって乾燥するラインです。

特殊印刷を得意とする当社は、一般的なインキだけでなく特殊インキも多用しています。

このためインキの乾燥システムも、2液反応型、IR(赤外線)乾燥型、UV(紫外線)乾燥型、発泡装置などを設置し、蓄光印刷、光感応印刷、香料印刷、示温印刷、粘着印刷等々の機能性加工を同一ラインで生産する、多目的製ラインが特徴です。

印刷設備

オートラック式乾燥機

シリンダー式印刷機には、リーフ式自動送り乾燥ラインが有効です。

印刷機後部に本設備を連結して、一体運用で効果的に活躍しますが、印刷室が短い時は不向きです。

印刷設備

加工設備

断裁機

断裁機です。

kakou01

トムソン機

トムソン機です。

加工設備

ラミネータ

ラミネータです。

加工設備

高速度油圧自動断裁機

印刷物の切断加工に使用する機械です。

多数枚を重ねて一度に効率よく加工する事ができ、内臓ソフトによる数値管理⇒プログラム加工でメモリー・呼出し自由です。

化粧断ちや個別に切る時使用します。

加工設備

トルクパックプレス(35トン×2台)

印刷されたフィルムやその成型物の型抜きや3次元加工が可能で、印刷から仕上げ加工まで一貫した作業の効率化できます。

加工設備

熱板付エアープレス(ノーブランド×2台)

35tonプレスに付属して使用する機器で、100℃以上に加熱したプラスチックフィルムを3次元の立体成型する時利用します。

予めプレス加工前にフィルムを熱処理する機器であり、隣に設置する35tonプレス機で素早く曲げ加工する事で、任意の立体形状にプレス加工が可能です。

加工設備

20ton精密自動送り型抜き機

フィルムや紙その他のシート状材料の変形型抜きが可能で、前記の35ton金型利用プレス機と異なり、安価な木型の使用で金型制作に比べてコストと時間、抜き加工代の低減が可能です。

金型プレス機と合わせ持つ事で、幅広い商品の加工とコストメリットが期待できます。

加工設備