どんなものにも、どんなものでも印刷する印刷技術

株式会社プリントテクニカは、印刷技術の可能性を追求し続けます!

私達は、キレイで繊細な印刷技術だけを追求する会社ではありません。
創業以来スクリーン印刷の特性を生かした、幅広い素材への特殊印刷仕上げを利用した製品造りに努めてきましたが、更に幅広い印刷全般の表現力を生かした、モノ造りに挑戦します。
スクリーン印刷技術を核とした幅広い印刷手法とのコラボ、企画デザインを生かした商品、生活に密着した用途への展開でキレイで楽しいモノ造りに励みます。
印刷加工を超えて、新たな商品や機能、そして地球に優しいモノ造りに、私達を利用してください。

プリントテクニカの想い

想像をカタチに

プリントテクニカはスクリーン印刷技法にこだわり、新たな価値を生みだす、これまでにないモノを製造する環境を備え、「水と空気以外は何でも印刷できる!」の思いのもと、お客様からのご要望と日々真剣に向き合っています。

印刷素材やインキ(液状に出来るモノ)にかかわらず、あらゆるモノとあらゆるモノのパターンを形成する事にチャレンジしたいのです。

しかし、私たちのチカラにも限りがあります。

お互いの知識・経験・そして技術を融合させ、従来の固定観念にとらわれないモノやソフトを作り出し、社会の未来に貢献することがプリントテクニカの喜びです。

知恵と設備と人にこだわれば、何かが生まれる

プリントテクニカは、印刷(Print)+技術(technology) を掛け合わせ、社会に貢献したいとの思いから、1988年東大阪市で創業し、企画から製版、印刷設備、加工技術などの充実に努め、高野山麓和歌山県橋本市に、2017年1月新鋭工場を建設稼働しました。

大阪・難波まで1時間の利便性と、自然に囲まれた制作環境、設備と技術と人材にこだわり、お客様と共に未来に羽ばたきます。

テーマ(用途)に合わせたフレキシブルな制作空間で、企業や学術分野とも協働したい!

制作スペースは約740㎡の無柱空間とし、テーマ(用途)にあわせたフレキシブルなパーテーション間仕切り部屋へと改変が可能で、湿度と温度を常にコントロールしています。 他社様の目線を気にする事なく立会し、ともに難題に向かってチャレンジできます。

印刷スピリッツ

toppage02_R

様々な表現を可能にしたスクリーン印刷に、新たな印刷技術を組み合わせることで、新たな付加価値を生み出す複合印刷。
プリントテクニカは、早くから独自性を追求した複合印刷技術によって、これまで以上にお客様のニーズにお応えできる商品を生み出してまいりました。
スクリーン印刷、転写印刷、オフセット・シール・フレキソ・スクリーン・パッド・箔押しなどのさまざまな印刷技術を組み合わせる事によって、あらゆるものにあらゆる印刷を可能にし、航空自衛隊の機体にも使用されています。

「付加価値」を持った印刷技術、それこそが当社が自信をもってご紹介する「特殊印刷」です。

プリントテクニカだからこその強み

ビジュアル、精密、キレイ、見やすい、正確な情報伝達、などのコンセプトでの印刷技術は当たり前!
創業当時から取り組んでいた、100線以上でのフルカラー分解、本格的UV乾燥ラインによる各種の意匠表現、スクリーン印刷ならではの高耐久性や盛り上げ 印刷、表刷り転写印刷技法での「プリンタック」による市場展開、本格的技術資料によるPR活動等から、最近では熱転写、水転写、感圧転写の技法を駆使した 転写印刷関連商品の充実、ロール箔での立体的金属光沢表現、異なる印刷技術とのコラボレーション等々。充実した各種の印刷設備で、これからも新しい印刷物の創造を続けます。

プリントテクニカだからこそ出来たプリンタック

「プリンタック」は、プリントテクニカの優れたスクリーン印刷技法によって誕生した転写ステッカーです。転写ステッカーと一言で言っても、そこに秘められた品質や機能性、美麗さなどは単なるステッカーとは一線を画し、まさに当社の技術の粋が集まった商品と言えます。
熱や特殊な機械を使用せずともどなたでも簡単に貼り付けられ、しかもデザインや文字を立体的に表現します。「プリント(印刷)」+「タック(粘着)」という言葉から生まれた当商品はまさに私達の誇りです。
印刷面が粘着面を下向きにした表刷り転写と呼ばれる技法の為、色や形、表面の凹凸、部分的なツヤの有無、金属光沢等、お好きなデザインが可能であり、意匠的にも優れた技法と言えます。

PT01_R

共同開発について

新たなアイデアをカタチにしたい時、自分達だけではどうにもならない事がありませんか?

プリントテクニカは、早くから独自性を追求した複合印刷技術によって、お客様のニーズにお応えできる商品を生み出してまいりました。
今後も新たな価値を生みだす、これまでにないモノを製造する環境を備え、「水と空気以外は何でも印刷できる!」の思いのもと、印刷素材やインキ(液状に出来るモノ)にかかわらず、あらゆるモノとあらゆるモノのパターンを形成する事にチャレンジしたいのです。

お互いの知識・経験・そして技術を融合させ、従来の固定観念にとらわれないモノやソフトをともに作り上げませんか?